紹介 − 沿革


1961

 

 

 

昭和36年

 

 

 

山口清吾 先生の霞町(現在の東京都港区六本木近く)杉山道場で稽古をしていた

村田保廣(1期)向殿政男(1期)、鈴木捷一郎(2期)をはじめ、

高校時代の友人・後輩を合気道に誘う。

このメンバーが創部期に大きく関わる

1962 昭和37年

鈴木捷一郎(2期)が都内道場で稽古し、学生仲間に教えていた。

   

稽古場所は旧陸軍登戸研究所 剣道場を改装したレスリング場を使用

1963 昭和38年

「生田合気道同好会」として正式に認可を受け、部員5~6名で活動開始

   

師範を 山口清吾 先生に、

初代会長を農学部 笠原茂 先生に、

顧問を農学部 滝沢寿雄 先生にお願いする。

1964 昭和39年

工学部が本校から生田校舎へ移転

   

「生田合気道部」と改名

   

第2代会長を工学部 田中庄蔵 先生にお願いする

1968 昭和43年

工学部電子工学科 向殿政男(1期)が初代監督に就任

   

工学部建築学科 野口弘行(4期)が初代コーチに就任

1970 昭和45年 工学部電子工学科 向殿政男(1期)が第3代会長に就任
    工学部建築学科 野口弘行(4期)が第2代監督に就任
1973 昭和48年 文集「創立十周年記念誌」発行
    コーチ(第2代)を合気会 本部道場指導員 安野正敏 先生(7期)にお願いする
1981 昭和56年 文集「生田合気道」創刊号 発行
1982 昭和57年

稽古場所が現在の体育館1階の格技室に移る

    部室が現在の部室センター2Fに移る
1983 昭和58年 創部20周年式典(於 新宿京王プラザホテル
    文集「白雲なびく」第二号発行
1985 昭和60年 文集「白雲なびく」第三号発行
1987 昭和62年 文集「白雲なびく」第四号発行
1988 昭和63年 創部25周年式典(於 銀座東武ホテル)
1989 平成元年 工学部に3学科が新設され、理工学部となる
1990 平成2年 25周年記念事業ビデオ「山口清吾師範 合気道 理と業」撮影、発行
1991 平成3年 文集「白雲なびく」第五号発行
1993 平成5年 創部30周年記念式典(於 明治大学100周年記念会館)
1995 平成7年

OB会主催 山口先生を囲む旅行会(熱海)実施

   

文集「白雲なびく」第六号発行

1996 平成8年

山口清吾先生ご逝去

   

師範を合気会 本部道場指導部師範 安野正敏 先生(7期)にお願いする

   

理工学部機械工学科 土屋一雄(5期)および 三室 淳(14期)が第3代コーチに就任

1998 平成10年 創部35周年記念式典(於 東京丸の内ホテル)
2003 平成15年

創部40周年記念式典(於 椿山荘)

   

OB会公式ホームページ開設

2008 平成20年

創部45周年記念式典(於 明治大学アカデミーコモン)

2013 平成25年 理工学部機械情報工学科 土屋一雄(5期)が第4代会長に就任
   

創部50周年記念式典(於 明治大学アカデミーコモン)

   

文集「白雲なびく」第七号発行

2015 平成27年

OB会公式ホームページ移転

   

OB会組織変更、役員改選

2016 平成28年 理工学部情報科学科 井口幸洋(22期)が第5代会長に就任
    従来の監督・コーチを廃し、専任コーチ・非常勤コーチからなる新指導体制に移行